出典: www.realtokyoestate.co.jp

建築家が作った暮らしの巣。

お家が5つも積み重なって、住宅街の角地に建っています。この物件のお名前は「Tokyo Apartment」。アパート、つまりは集合住宅なんだそうです。絵に描いたような三角屋根のお家の中には、それぞれ異なる住まいがあるのです。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

まず、どうやって建ってんねん!という感じですよね。家と家の間には柱のようなものが見えていますが、これがお家の串刺しかと思うくらいに細い。それぞれ顔を向けている方向が違うのもあって、安定感がまるで無いのです。今にも動き出してトランスフォームしそう。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

5つのお家の橋渡しとなっている外階段。これが、住む人同士のものすごく不思議な関係性を産んでいると思うんです。普通のアパートでは意識しない「つながってる感」があって。見た目が斬新なだけじゃなくて、新しい暮らし方の種みたいに感じるんです。

場所によっては屋根を登っているような気分になったりして、こんな住み方もあるんだなって発見がありそう。どんどん上へ登ってみたい。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

その中身はというと、区画によって面積も間取りも異なるようです。地下があったり、お部屋の中をハシゴで移動するような2LDKだったり。室内写真で見かけるこの天窓は、外階段と同様に、人の意識を上へ上へと持っていきます。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

玄関入ってすぐにスケスケブースがありました。カーテンで隠せるそうですが、トイレに洗面台にお風呂と大盤振る舞い。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

キッチンは収納が皆無!さすが。受けて立ちましょう。使いこなしてみせるんだから。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

見かけから普通のアパートと違う事は明らかなんですが、この物件は、建物というより巣という表現がしっくりくると感じます。ハチがたくさんのお部屋を作って巣を形成するように、1人の建築家が住宅地に作った巣。オーナーさんが次のすみかへ飛び立ったそうなので、新しい所有者を探しているそうですよ!
「さがす物件ファン」で周辺の物件をさがせます
所在地 板橋区小茂根
売価 9,800万円
面積 181.63㎡(建物) 83.14㎡(敷地)
最寄り駅 有楽町線・副都心線「小竹向原」駅 徒歩13分

時点の情報です。 正確な情報は所有者にご確認ください。

詳しい情報を見る 出典: www.realtokyoestate.co.jp