Close

堂々たるヴィンテージ「銀閣寺荘」に住まう、3万円で。|京都市左京区 賃貸

京都、かの「哲学の道」という
知的な名前の散歩道。

春には桜が咲き乱れ、
サラサラと小川が流れる。
昔、哲学者が物思いに耽りながら
毎朝歩いていたことに因んで
その名がつけられたことにも納得する。
風の心地良い季節にはいつまででも
歩いていたい風情がある。

この小川にかかる
小さな橋を渡った所に建つ、この建物。

その名も「銀閣寺荘」。
痺れるほどの堂々たる姿、名前。
壁のタイルや石ブロック、渋い植栽…
昭和の公共の建物のような、
旅館のような、そんな風情すら漂う。
けれど、れっきとしたマンション。
ヴィンテージ、と言って良いかな。

長く伸びるコの字型の廊下、
2階部分は回遊できるロの字型で、
上から下まで見渡せて
置かれた自転車や
行き交う住人たちの気配、生活感が
なんだか安心する。

そして、廊下から見える
京都ののどかな風景も
また素晴らしきかな…!

こちらの3階、角部屋。
ごくシンプルな間取りに
小さなキッチン、

そして、トイレ。
タイルがレトロかわいい。
お風呂はなし。

家賃は驚きの3万円。
他の部屋では2万円台から。

それを知ると、
一気に価値が上がりませんか。
えっ、この広さで
こんなに綺麗で明るくて

住環境も良好な、この部屋が!?
「銀閣寺荘」という知的な名前で!

質素、いや、シンプルであることが
とても美しく思える。
美しく暮らそう、と思える。
お金があることや
ものを多く持っていることが
豊かであるとは言えないと
多くの人が薄々感じている今、

この部屋で紡ぎ出される時間は
とても豊かなのではないか…。
そんなの幻想だと言われようとも
もし自分が京都に住んでいたら。
もし大学生だったら。
京都で仕事をしながら別宅を持つなら。
きっとこの部屋を選んでしまうな。
人生のほんの数年だとしても、

哲学の道を歩き、向こうの山を眺め、
春の桜、夏の新緑、
秋の紅葉、冬の枯れ木、
季節の移り変わりを目と肌で感じる日々。

寒い寒いと言いながら
毛布にくるまって

冬の澄んだ青空の美しさに目を細め
白い息をホゥと吐き

一人分のお湯を沸かす
静かな時間。

寝坊してバタバタと支度する朝、
何もしたくなくて
ただゴロゴロ寝転がってる午後、
法然寺の鐘の音を聞く夕方、
小さな机に必死で向かった後
銭湯へ自転車を走らせる夜。

そういう平凡な日々が
ふと後から思い返した時、
就職したり家族を持ったり
雑多なことに追われる日々の中、
とんでもなく尊いものだったと気付く。

そういう類の部屋。
後悔や羨望とも違うけれど
これからこの部屋に住む選択をできる人は
幸せだな、と思う。

哲学の道、小川のすぐそば。
「銀閣寺荘に住んでます」ってだけで、
スッと背筋が伸びるような。
どうですか、この渋みを
人生にひとつまみ。










  • 募集中の物件
  • 物件を載せませんか?
  • おまかせお部屋さがし

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

物件ファンを支えてくださってる皆様

  • うっちー
  • アマレット
  • Koji
  • ちー
  • カツオ
  • odmishien
  • ASA
  • KeyNo.029
  • chou
  • やまつま
  • Ayaka
  • しゅー
  • kee
  • 伊藤商店
  • とみこ
  • GAJA
  • デューク内藤
  • ミヤコドリ
  • magさん
  • Umising
  • てんてこまい
  • ふみ
  • oda
  • 球体
  • ぽんちゃん
  • だんちぐみ
  • 3t06
  • なとぅ
  • みちゃん
  • ジュンコ
  • くろくろ
  • 更夜
  • ぽるぴいお
  • たかにゃん
  • ちぇるもふ
  • さやか
  • さんかく
  • ひろ
  • あんさー
  • iron
  • ヨシニイ
  • ちびりーな
  • 三嶋 優
  • うすい
  • のぶ
  • ネコチャンのカリント
  • さきはま
  • めばる
  • atez
  • Ciao!
  • JIMA
  • ぽむ
  • ユン
  • 会員募集中!

物件ファンファンの会

ファンクラブ「物件ファンファンの会」では、物件ファンの活動をサポートしてくださる方を募集しています。

会員になってくださった方にはお名前記載と、会員証キーホルダーをお送りします。