Close

「家キャン」始めない?自宅にキャンプサイトがあるお部屋

この前人生で初めてキャンプに 挑戦したんです。 「外で食べるお肉最高!」と言いながらも 設営や片付けは 正直大変で。

そんな私、見つけちゃったんです。 自宅でキャンプ気分を 味わえる物件を!

きちんと感のある レンガの外観。
間取りは3LDK。 家族でも暮らせる広さです。
4階までは階段で。 夏場は汗をかきそうだけど この開けた景色 その価値あり。
10帖のリビングダイニング。 木目の天井に 光が照らされる艶のあるフローリング。
この景色 ログハウスにいるような 感覚になりますね。
キッチン近くには ダイニングテーブルを置きましょう。 まぁるいテーブルに チェック柄のランチョンマット。 家族そろって、いただきます!
キッチンもナチュラルカラーです。
3口コンロで ご飯を一気に作りましょう。 キャンプのときみたいに 家族でワイワイ、がちゃがちゃ つまみ食いしながら作るんだ。

先ほどからチラッと写っている ガラスの扉。 一瞬、写真かな?なんて 思いませんでした?

こちらはなんと 自宅でキャンプ気分を味わえるように リノベーションされたお部屋なんです!
家具付き物件はよく見ますが まさかのキャンプ道具付き物件です。
個性的な木のテーブルや
ワイルドな丸太の椅子なんかも 付いてきます。
電気を消して ランタンを灯して キャンプ気分を味わおう。 「今日は寝袋で寝てみたい!」 なんて子どもの夢も 叶えてあげられますね。
床はコンクリートと 一段上がったところはウッドパネル。 ちょっとした段差は ベンチがわりにもなりそうです。
壁は写真なのかな と思ったら よくよく見ると リアルな木も混じってる!
ランタンを吊り下げたら 大自然のキャンプさながらです。 木にライトを施して 幻想的なライトアップをするのも ロマンティックですね。
収納は贅沢に丸太仕上げ! オープンな収納でも これなら雰囲気を壊しません。
お次は反対側の洋室へ。
6帖ほどの洋室は リビングと同じくウッディな天井です。
朝日も入ってきそうなので 寝室によさそうです。 奥のベランダも気になるけれど こちらは後ほどのお楽しみ。
もう一つのお部屋も ナチュラルなトーンで統一していて 素敵です。
大きなクローゼットの内側は…
なんと、味わいのあるチップボード仕上げ! 見えないところまで 散りばめたこだわりに 愛を感じますね。
ここは子ども部屋にしようかな。 ロフトタイプのベッドを置いて 隠れ家のような空間に。
柱もウッディな感じでいいですね。
お次はサニタリースペースへ。
こちらもナチュラルカラーで 統一感がありますね。
脱衣所には 遊び心がチラリ。
カラフルなヘリンボーンの アクセントクロス。 これだけでなんだか ワクワクしちゃいますね。
キレイなバスルーム。 シャワーや水栓も 一新したそうですよ。

外のキャンプって 慣れないコインシャワーに 一苦労なんですよね。 やっぱり湯船に浸かるって いいなぁ〜と思っちゃいます。

トイレも一面ヘリンボーン模様!
ペーパーホルダーまで 木製というこだわりよう。
窓があるのもポイント高いですよね。 ここですっかり落ち着いて 長居してしまいそう!

さてさて 先ほど勿体ぶってしまった ベランダですが…

見て見て! ウッドパネルに人工芝!

お部屋でキャンプ気分もいいけれど ベランダにアウトドアチェアを出して くつろぐのもいいですね。

パッと目を引く 焚き火のようなディスプレイ。 火は焚けないけれど 充分キャンプ気分を味わえます。
丸太の柵も雰囲気がありますね。 ハンドドリップでコーヒーを淹れて ゆっくり、まったり飲みたいな。

気楽に自宅で キャンプ気分を味わえるお部屋。 「外のキャンプはハードルが高くて…」 「憧れるけどやっぱり虫は嫌い」 という方、これは新しい趣味を作る チャンスかもしれませんよ。

文・よしだゆき 街散策とタイルをこよなく愛するフリーライター。元住宅情報誌編集者。築35年の中古マンションをフルリノベして暮らす2児の母。

Follow Me!

新着物件をお届けします

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
引越しお祝い

Follow Me!

新着物件をお届けします

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • UNKNOWN KYOTO