Close

ルーフバルコニーが恋しい季節。

春の気配を感じると
ルーフバルコニーばかり見てしまう。
野外との接点を求めたくなります。

そのうえこんなに広いときたら…!
これからの季節は
部屋とルーバルの境目を
なくしたいくらい。
しかもよく見ると
バルコニーまでセットだぞ。
外にすぐアクセスできるお家。

ルーバルが広すぎるゆえ
居室が狭く見える目の錯覚。
12帖もあるのですよ。
2面の窓をめいっぱい開けたら
気持ちいいでしょうね。

スリット窓がある壁の一部は
落ち着いた色のアクセントクロス。
梁も黒い仕上げでかっこいいし、
こんな感じの忍ばせ方、
大人っぽくてとてもよい。

夜のとばりが下りた頃
部屋のライトだけポッと灯せば
雰囲気良さそうですよね。

居室に洗面台があるという
変わり種の一面も。
タイルの色は主張しすぎず
黒の洗面ボウルに四角い鏡って、
この一角だけで絵になりますね。

洗面台の奥、L字型の先の
小上がりになったところがキッチンで

バルコニーに囲まれているし
窓が大きくて開放的な部屋だけど
ここだけこっそりこもれるつくり。
料理に集中できそうでいいな。
奥に冷蔵庫も置けるみたい。

お風呂は壁半分が鏡という
攻めたデザインも
この大人っぽい部屋なら納得できる。

ルーバルのほうは
ハンモックやウッドチェアを置いて
めいいっぱい遊びたいから
洗濯物は細長いバルコニーで
干すのがいいかな。

こんな楽園みたいな部屋が
最寄りのJR阪和線鶴ヶ丘駅から徒歩1分。
こちらは共有部からの眺めだそう。
電車好きのかた、いかがです?

春にいいな…と思ったけど
夏はビアガーデンのようにして
秋はハンモックの上で読書
冬はキンと冷えた空の下で熱燗…。
四季折々の楽しみ方を
この空の下でできるといいな

Follow Me!

新着物件をお届けします

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
引越しお祝い

Follow Me!

新着物件をお届けします

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • UNKNOWN KYOTO