Close

現代版の五右衛門風呂

五右衛門風呂!?と 目をまんまるくしてしまう 個性的な形の浴槽。 すぐ近くに火やら薪やら あるのでしょうか…と 思いましたが、そこは 令和らしく蛇口をひねれば ホカホカのお湯が出てきます。

間取り図でもわかる、 まるっとした浴槽。 スケスケのお風呂に 猫足のバスタブ、 ワクワクするバスルームは たくさん見てきましたが、 また別ジャンルの個性が 発揮されたお風呂ですね…!
さっそくお風呂を詳しく…と はやる気持ちをこらえつつ、 玄関周りから順番に 見ていくことにしようかな。 とはいえ、お部屋の雰囲気も お風呂に負けないくらい 個性の強さがうかがえます。
わぁ、まるで基地のよう…。 ガッチリしたコンクリートが、 中身を守っているみたいで。
お部屋全体が 落ち着いたトーンだけど 暗い感じがしないのは、 床がホワイトだからかな。

ブラインドから光が スッと差し込んで、 ついじっくり見ちゃいます。 ツヤツヤの床に落ちてきれい。

デッドスペースになりがちな 斜めの壁の下には、 クローゼットとポールが。 家具を置くのも難しいから、 こうしてかしこく斜めを 活用してもらえるとありがたい。 よく着る服はポールにかけて、 肌着や部屋着なんかを クローゼットに入れようかな。
キッチンは対面式。 机をピタッと合わせて、 カウンターテーブルとして 使ってもよさそうだなぁ。 キッチン側から手を伸ばして、 机にひょいとお料理を 並べられたららくちん。 ひょいと向こう側をのぞくと…
こんなキッチンが隠れています。 2くちのガスコンロに、 調理スペースもゆったりと。 収納もたっぷりあるので、 おひとり暮らしであれば 特に困ることはなさそうです。 個性的なお部屋の中で、 なんだかホッとする安心感。
ちなみにキッチンの 後ろには洗濯機置き場が。 バルコニーはありませんが 浴室乾燥機はついているので、 洗濯物はバスルームにどうぞ。

バスルーム、いきますか。 そろそろもう一度見たいですよね。

おぉ、これはこれは…。 パッと見るとやっぱり 五右衛門風呂に思えますが、 鋳鉄製ではないでしょうから…。 「現代版・五右衛門風呂」 「令和の五右衛門風呂」と いったところでしょうか。
底板をグンと踏んで 熱々の底から足を守るやつ、 人生で一度くらいは 体験してみたいものです…!

きっとこの浴槽は安心安全に 体を温めることができますが、 気分を高めるために木の板を 沈めてみるのもなかなか 楽しいのではないでしょうか。 一度くらい、一度くらい…、 木のまな板とかでちょっとだけ。

洗面台はビシッと スタイリッシュ! カクカクの洗面ボウルと クリアの棚がかっこいいです。 グンと縦に伸びた鏡も、 おしゃれな個性をプラスして。

バラバラと物を置くと 雰囲気を壊してしまうから、 デザインのおしゃれな 歯磨きセットとコップだけ そっと並べておきたいな。

洗面台のすぐそばには ピカピカの白のトイレが。 便座カバーやトイレマット、 なくてもシンプルでいいかも。
シューズボックスは大容量! ここまで収納力があるなら、 靴以外も置きたくなっちゃうな。 いつもは使わないけど 捨てられない書類とか、 手紙類とか紙袋の山とか…。 いちばん下の段に隠して、 パタンと扉を閉じてしまおう。
いやぁ、個性的なお風呂に 食いついてしまいました。 足をちょんと丸めながら、 まぁるい浴槽につかりたい。 温泉の素をサッと入れたら、 秘湯でゆったり疲れを 癒している気分になりそうだ。

現代版の五右衛門風呂。 人を招く機会があったなら、 つい「ねぇ、見て見て」と 自慢したくなっちゃうだろうな。

文・くまのなな 東京都在住のフリーライター。1991年生まれ。漫画と水遊びとおもちが好きです。主にツイッターにいます。 @kmn_nana

引越しお祝い
  • UNKNOWN KYOTO