Close

アジアの「ラフさ」に魅せられて

アジアの国々を
あてもなく旅するのが好きだ。
特に東南アジアには
独特の「ラフさ」がある。

彼らの中には
ゆったりとした時間が流れていて。
そして、毎日の暮らしの中の
小さな変化を愉しんでいる。

そんな暮らしに憧れた。
でもいきなり現地で暮らすのは
ハードルが高いので。

そんな
私たちの想いを叶えてくれたのが
このお部屋だった。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

まず玄関を入ると、
広めの土間が迎えてくれる!
シンプルだけど
解放的な間取りになっているので生活しやすい。

そして11.4帖の居室に
バックパッカー仲間でもある、
彼と暮らしている。

エレベーターがないので、
5階の部屋まで
階段を昇り降りしている。
そんな「ラフさ」がまたアジアらしくて。

それでも買い物袋は、
体力自慢の彼にお任せしちゃうんだけど。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

玄関を入ると、
まずお出迎えしてくれるのが
お気に入りの
鮮やかなターコイズブルーの壁。

マレー半島を北上し、
タイのバンコクへ向かう途中で立ち寄った
プーケットにあるピピ島の
キラキラ輝く海の香りがしてきそう。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

お気に入りのあれこれを並べた土間で
靴を脱いで
出典: www.realtokyoestate.co.jp

居室には
厚みのある木材を敷いた床に、
現地で買ってきた
お気に入りのカーペットを広げて。

糊跡が残ったままの
コンクリートの壁が
またラフで。
これだから好きなんだ。

出典: www.realtokyoestate.co.jp

奥へ進むと
寝室スペースに。
毎朝起きると、
彼がカーテンを開けて
朝日を浴びながら伸びをする。

その間しばらく布団にこもって
ウネウネするのが私の日課。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

バルコニーからの景色はこんな感じ!
見晴らしは、グッドじゃない?

出典: www.realtokyoestate.co.jp

広い土間の延長線には
水回りが集合している。

キッチンには
市場で購入した
色とりどりな調味料を並べていて。
エスニックな香りがふわりと漂ってくる。

今朝は、
鶏がらベースのスープに
麺を入れて
鶏肉をのせたフォーを作った。

あっさりした味つけで、
スイスイとお腹に入るので
我が家の定番食になっている。
出典: www.realtokyoestate.co.jp

お風呂場はライトブルーのタイルが
とってもチャーミング。
それに浴槽まで包まれた
モルタルの床が現地っぽくて。

出典: www.realtokyoestate.co.jp

外観はこんな感じ。
カクカクしてて可愛いでしょう。

そういえば、
ここに住み始めてから
まだ当てのない旅へ出かけていない。
アジアの「ラフさ」が
板についてきたのかも?

私たちの好きが
いっぱい詰まったこの部屋で、
彼と並んでこれからも
ラフに、ゆるりと暮らしていきたいな。
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO