Close

窓際のカウンターから鴨川を見つめて。

ヴィンテージウッドのフローリング。
物語がある。
海外の教会で使われていたんだって。

カウンターもヴィンテージ。
新品だとなかなか
こんなお顔にはならないよ。
窓は東向き。

この家のいいところは、
鴨川のすぐ西側にあること。
東山と鴨川の眺望というのは
この、御所東からしか叶わない。

東側の窓、いいよね。
まぶしくなくて、やわらかい。
ゆっくり本を読んだり
お仕事をしたり。

書斎はあるんだけど…。
気がついたら窓際にいるんだな。
奥のスケスケはお風呂。

大丈夫かなあ、って
よくわからない心配もあったけど
ここがガラスで抜けているというのが
この部屋の良さなのだ。
気取らないこなれ感。

エイジング加工のモルタルと
ヴィンテージの家具が
なんとも良い相性。
やっぱりここはスケスケで良かった!

このすばらしい家具たちは
撮影用というわけではなく、
お部屋についているという。
オーナーさんがこの部屋のためだけに
大切に集めたそのこだわりまで、
借りることができるんですね。

街からギリギリ歩いて帰れる距離感と、
御所の緑と、鴨川と東山の眺望と。
そしてこの内装ときたら、
あらゆる最高の要素を集めてきたような
魔法のような部屋。
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO