Close

スルリとした手触りと、いつかの痕跡の壁、押入れのような部屋で過去と未来に想いを巡らせ夢を見る

京都にとても良いリリックを操る不動産屋さんがいましてね、
ええ、お好きな人はもうすでにご存知でしょうが、
kawabata-channelというサイトを運営している、
川端組と言う会社さんです。

今回もとっても愛のあるリリックを多用されていて、
とても良いなと思ったので、
皆さんもぜひ情報出典元に飛んでいって、読んでみてください!


さてさて、この物件に対して、
愛あるアンサーとなるリリックを、私なりに書いて行きますね。
勝手に。


まず、風貌が良い。
うん、この時代のものだから良いというわけではなく、
きっとこの時代のものの多くが、愛されて建てられ、
愛されて使って来られたのだろうと、だからだろうと考えています。
出典: kawabata-channel.com

どうですか?きっとエコーやセブンスターやの匂いが染み込んで、
店屋物のこぼれた汁も染み込んで、ずっと響いてた誰かの声も染み込んで、
でも時間と手間暇で綺麗にして来たんでしょうね、と言うイメージ。
共用部がもうまさに!というデザイン。
出典: kawabata-channel.com

こう言うの自然に出会えると、嬉しい存在ですよね。

でもね、よく見るとちゃんとおしゃれな事してくれてるんです。
出典: kawabata-channel.com

素敵、この心遣いも、
心遣いの結果デザインがダメになっちゃってないのも嬉しい。


さて玄関を入って行きましょう。
出典: kawabata-channel.com

そう、どん!と手前にお風呂トイレやら洗面所やら洗濯機置場など、
水回りの中でもサニタリー系の要素を中心にまとめて置かれています。
出典: kawabata-channel.com

新しいお風呂に
出典: kawabata-channel.com

新しいトイレ。
出典: kawabata-channel.com


そして、その横を通り過ぎる廊下。

そう、廊下は嬉しいですよね。
空間の無駄だと言う人もいますが、私は廊下好きです。
気持ちが切り替わる場所だし、色々と飾ったりもできる。

玄関で靴を脱ぎ、この下駄箱に置き
出典: kawabata-channel.com

天気が良ければこの窓をあけ放ち、部屋の空気を一新。

それが部屋を使い始める合図。つまり完全リラックスモードへの切り替え。
それを行う場所こそこの廊下。
出典: kawabata-channel.com

左右の壁の手触りはきっとはっきりと違う。
でもその違いにも、この建物の価値はある。

過去に想いを馳せる事ができる訳だ。
それで今を知覚できて、もう一度未来に向かっていく事ができる。
出典: kawabata-channel.com

この壁には以前は一体何があったのだろう。
そして私の暮らしもいつかこういう痕跡となって残っていく。
その感じが、こう言うスタイルのリノベーションの楽しみの一つだろうと
そう思って、好んでいます。

さて、廊下を通り過ぎるとこういう素敵なLDKが広がっているのですが
出典: kawabata-channel.com

この物件のチャームポイントはもう一つ。
このLDKの手前、お風呂とかとの間に、
ウオークインクローゼット並にコンパクトなお部屋があるんです。
出典: kawabata-channel.com

ダブルベッド置けるかな?なサイズ感。
部屋ぴったりのベッドが可能でしょうね。
そしてよく横をみたらオープンなクローゼットが。
出典: kawabata-channel.com

もうプライベートはここに詰め込んで、巣篭もり体制万全で暮らしたい!

間取り図でみて見るとこう言う事で
出典: kawabata-channel.com

やはりとてもコンパクト。でも、この存在のおかげで、
切り分けて暮らせるので、私は大好きです!

そしてこのLDK!(あ、お部屋と天井付近で繋がってるのね。)
出典: kawabata-channel.com

もうね、こちらは居室と違い
好きな家具を幾つか置いて、広々使いたい。
出典: kawabata-channel.com

キッチンは白タイルで一部お化粧済み。
出典: kawabata-channel.com

収納は多くはないけど、
お気に入りだけを置いて暮らしてほしい。そういうメッセージだと思う。
出典: kawabata-channel.com

シンプルで美しい暮らし。

窓ガラスは幸いすりガラスらしく、カーテンなどは最低限でいけそう。
出典: kawabata-channel.com

厚ぼったいカーテンは、ここでの暮らしには似合わないですよね。

そしてその窓を開けるとこの景色。
出典: kawabata-channel.com

とてもとてもいい。このお部屋らしい眺め。


こんな素敵な物件は、一体誰がリノベーションしてるのか?
と思ってたら、なんと空き部屋が出るたびに、
大家さんが大工さんと二人三脚で改装するそうで、
以前リノベーションされたお部屋はこんな感じだそう。

<http://kawabata-channel.com/6487/>

みたことある!このカウンター!いいな!素敵だ!


という、素敵なセンスの大家さんの、
素敵リノベーション物件シリーズのようなので、
続報を出たら、きっとkawabata-channelでも
物件ファンでもご紹介させていただけたらと思います!


こんな大家さん、大好きです!
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO