Close

京都の隠れ家で商い暮らす日々|京都市右京区 売買 177㎡

観光客で賑わう 嵐山・嵯峨野エリア。

トロッコ嵐山駅から 徒歩10分の一角に佇む 店舗付き住宅です。
店舗と住居で入り口が分かれており、 こちらは住居用。

庇の上の苔にもまた 風情を感じます。

竹垣と建物の間には小さな庭。

苔と竹で織りなす澄んだ美しさ。

常々、日本の石畳は 水濡れした表情にこそ 趣があるように感じます。
玄関に入ると、 塗り壁と生木の床を 引き戸越しの陽が 優しく照らす。
誠に品がいい。
玄関の先には LDKと畳コーナーがあります。
この畳コーナーがすごい。
3種の天井と アーチを描く床の間。

これだけで目を見張る ものがありますが、 これだけじゃない。

いいですか? 障子、開きますよ?

どん! 手入れの行き届いた 広い日本庭園!
石で構成されつつも どこか池を感じる 巧妙なお庭です。
まるで旅館のような… あまりの美しさに眩暈が…
この濡れ縁で日がな一日、 つくばいの音に耳を傾けたい。
この庭に面した洋室もあります。 目が覚めると日本庭園。 なんて夢みたいな…!
さて、お店側を見てみましょう。

住居用の入り口と比べ お店然としています。

入るとすぐ カウンターがあります。
竹や生木で施された まさに本物のみを使った造り。
カウンター前は吹き抜けになっていて コンパクトなスペースながらも 随分伸びやかな印象です。
観光地から近くも 割と静かなエリア。
そんな立地を活かし、 知る人ぞ知る小ぶりな お店が似合いそう。

少人数で落ち着いて過ごせる 日本料理、喫茶などの飲食店も素敵。

はたまたギャラリーや工房教室なども ぴったりのように思います。 アートに触れるにはもってこいの 洗練された空間。

もしくはたまに展覧会をしつつ アトリエとして活用するのも 良いかもしれません。
お店部分から奥に入ると、 先ほどのLDKと 畳コーナーに行き着きます。
LDKについているキッチンも 心惹かれるデザイン。

湯気越しに見える、 茶色いタイルと小さい庭。

どこもかしこも このまま映画の撮影が始まるのではと 思うほどの完成度。
外観も細部まで凝っていて、 三角屋根の真下につけられた 妻飾りは松の形をしているように 見受けられます。
車1台分を停められるスペースがあり 駐車場から庭に繋がる扉もあるみたい。
平安時代は貴族の別荘地として栄えた 京都随一の景観地。
その地に在るべくして在るような 浄らかな空間。

一度でいいからここで 時を過ごしてみたいものです。

文・戸田江美

デザイナー。おばあちゃんの仕事を継いで荒川区のマンションの大家をしている。落語が好き。@530e

トダビューハイツ ロジハイツ

  • 募集中の物件
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

物件ファンを支えてくださってる皆様

  • 000うっちー
  • 011アマレット
  • 053Koji
  • 015ちー
  • 045カツオ
  • 002odmishien
  • 023おりたあさみ
  • 029KeyNo.029
  • 065chou
  • 066やまつま
  • 067Ayaka
  • 会員募集中!

物件ファンファンの会

ファンクラブ「物件ファンファンの会」では、物件ファンの活動をサポートしてくださる方を募集しています。

会員になってくださった方にはお名前記載と、会員証キーホルダーをお送りします。