Close

あのブロックにラーチ材。素材を愛して暮らしたいあなたへ|東京都国分寺市 賃貸 26㎡

外でよく見かける、あのブロックです。
部屋の壁に使われていると
こんな風になるんだな。

ワイルドだ…。天井も配管が
むき出しになっているから余計に。
似合うのはレザーソファや
アイアンフレームの棚でしょうか。

でも向かいの壁は
ラーチ材っていうのがおもしろい。
木目の美しさ、優しげな淡い色。
うむ…このふたつの表情に合う家具を
時間をかけて選んでいきたい。

こう見るとわかりやすいですね。
細長いリビングに、ふたつの世界。
両方の壁、撫ぜたいですねえ…。
手触り、飽きないんだろうな、なんて。

玄関からリビングの動線を考えると
間取り図の例のように
ブロック側にベッドを置くと
収まりが良さそうです。

ほら、こんな風に抜けた景色。
光の入り方がドラマティックだ。
大きめのシューズラックに
廊下の壁にはフックも。便利でうれしい。

光の塩梅や隣り合う素材の質感もあり
普段はワイルドなブロックも、
少し表情が和らぐ気がします。

オープンクローゼットにさっと
服をかけるだけで様になりそう。
あとはシングルのレザーソファと
オットマンを配置するだけで、
オシャレダラダラ空間が仕上がるのでは!?
一人だし誰にも気を使うこともないし…!

ラーチ材にステンレスのキッチンとは、
ここもまた素材が混ざり合う楽しさが。

以前は3点ユニットだったそうですが、
リノベで脱衣所は十分の広さを確保。
しかもこの木の洗面台なのうれしい。

バスルームもピカピカの新品ですって。
キュッキュにならず入れるように
広さも十分。ありがたや、ありがたや…。

わ、なかなか貫禄のある外観。
この中に、ふたつの表情を持つ
個性的なお部屋があるだなんて、
ちょっと意外でした。
「住む人だけが知っている」っていう特別感。
心、くすぐられますね。
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO