Close

アーチの扉に飴色の建具。レトロなエッセンスが輝く高台の家。|兵庫県西宮市 売買 123㎡

「いつか住むならこんな家」の妄想が そのまま形になったような リノベーションだな、と思いました。

1階は、広いリビングと水回りを すいすい動ける回廊式。 2階には個室が4つに大きなWICと 家族の暮らしがイメージしやすい間取りです。
ゆとりのある広さの玄関を入ると 木の腰壁と蕾のような ブラケットライトがお出迎え。
セレクトショップように 靴をディスプレイできる オープンラックが魅力的です。
20帖の広さがあるL字のLDKは お食事エリアとくつろぎエリアのセパレート。 家具の配置もすとんと決まるんじゃないかな。
リビングからの景色は 遠くまですーっと抜けて気持ちがいいし
なんとそのまま ウッドデッキにも出られちゃうんです。 これはお家ピクニックが習慣になりそう。
純喫茶を彷彿とさせるカウンターも きっと家族の人気スポット。
奥のキッチンも素敵なんです。 シックなタイルと白のキッチンの組み合わせは どことなく海外ライク。
照明や水洗金具のセンスの良さも たまらないものがありますね…!
背面に食器棚を置いても 余りあるスペース。 1日中ここでラジオを流しながら お料理したりお茶を飲んだり。 そんなゆっくりとした過ごし方もいいな。
キッチンの奥は脱衣所につながります。 家事動線が抜群のつくりは感動もの。
脱衣所と洗面台が別室なのも 珍しいですよね。 でも洗面台が玄関からすぐって助かる。 それに隣には納戸まであって、 洗面まわりで使いたいストックや お出かけグッズも すぐに手が届いちゃうんです。
レトロなアーチの木製建具は リノベ前のものを再利用しているとか。 この美しい建具が 生まれ変わったお家の中でも とてもよく馴染んでいることに なんだかぐっときます。
アーチ扉さん、2階にもいらっしゃいますよ。
寝室にはWICが隣接。 ここのキャパシティが抜群で
背面にもこんなに収納が! 1階にも納戸やラックが豊富でしたが ここまで来るともう収納家具は ひとつもいらないんじゃないかな。
お隣の書斎からはこの眺望。 この特等席に机を置いたなら 何時間でも外を眺めてしまって 気付けば夕方…なんて日があっても 許してもらいたいなぁ。
どこまでも青い空と海、 ジオラマみたいな街。 魔女の宅急便のワンシーンのような景色を 日常にして。
場所は兵庫県西宮市。 関西でも名高い住宅地、 苦楽園の高台の角地に建っています。 ブルーグレーの玄関と 上品なグリーンがかわいらしい。
誰かが大事にしてきたお家に 新しい息吹をもたらし、 次は自分と家族との日々が 紡がれていくのかな。 それってきっと 夢見た未来に限りなく近い気がします。

現地見学会 (下にある「この物件に問い合わせる」ボタンより、 事前に必ず予約してください)

日程/12月4日(日)、12月10日(土) 【時間】 10:00|11:30|13:30|15:00

【車でご来場の方】駐車場所については別途ご案内させていただきます 【電車でご来場の方】阪急バス 苦楽園 停留所から徒歩12分

文・ほしりょうこ 散歩とビールと読書が好きな、元リフォーム屋さん。10年で8回の引越しを経験。もっぱら東京の西側にいます。 @hs_ryk

  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO