Close

活きるお庭と、つかえる間取りの101|東京都大田区 賃貸 28㎡

マンションでもお庭が欲しい。
でも、お庭だけが良くっても
残念な間取りだと嫌だ。
うん、わかる。

ようこそ、そういう人。

ミッドセンチュリーなイメージで作られた
内装がご自慢のようですが

そこはそれとして良いなと思いつつも、
私はとくにこの間取りが気に入ったんです。

何の変哲もないように思います?
まぁね、でもお庭がある。
そして、この6㎡程度の小部屋が良くって。

爽やかなアクセントクロスに
ちょっとクセのある窓。
足元スペースを狭くしない
吊り下げ式の収納。

ピンスポもつけられるレールランプ。

ここ、寝室に想定されていると思うのですが、
いや、寝室でもちろんいいんですが、
趣味の部屋としても最高じゃないですか?
好きなものにギュッと囲まれて過ごせる時間は
それはもう至福。

最近の私は、アンティークで
(ポジティブな意味での)
アーティなぬいぐるみが好きで、
それこそミッドセンチュリーな
ぬいぐるみを飾った
三畳程度のおこもり部屋とか
最高じゃないですか?ね?

一方で12㎡近くあるLDKは
あまり家具を置かず
サラッとシンプルにまとめて

庭先にはアンティークデザインに仕上げた
お気に入りの自転車を置いてね、
小さく作り込んだパーソナルスペースから
広い外に繋がっていくイメージを
自分で作り込んで
開放感抜群に仕上げることで
対比を作るのとか。
うん、よさげ。

内と外、っていうシンプルな構成に
空間的なワンクッションを
意識的に作ることで
それぞれの存在が
お互いを活かし合う個室と庭。

そういう意味でも
庭側から道路に
アクセスできるようにしているのは
ほんとファインプレイ。


いかつすぎない庭のかこいは
外観と一体となっていい感じのデザインに。


広めのシューズクロークは今っぽく、

趣味のアウトドア用品、
自転車まわりのあれこれ、
お出かけ用セットとか置けそうだし◎。

空間的に玄関スペースにもなっているので

ゆったり感が出て良い。

ここも空間的なワンクッション。
玄関扉を開けて
いきなり部屋っていう作りよりも
ここに、この空間があると全然違う。
“余裕”みたいなものが生まれる。

いいな。
良い広さだし、お庭いいし、間取りもいい。

結構二人で暮らすにも良いと思う。

でも、二人暮らしになるなら
個室はまぁ寝室かなぁ。

キッチンは二人暮らしでも余裕のサイズ。

2くちあると料理する時にやっぱいい。
収納力もあるし。

あと地味だけど
コンセントがちゃんと良い位置にある。

それは脱衣洗面所にも言えて、
使い勝手よく作られてる。

掃除も手早く出来そうでいい。

お風呂もね、小窓が付いてて嬉しいし

トイレもシャワー洗浄付き。


えーと、不足点はない。
一方で、嬉しい点はいっぱい。


場所は京急の平和島駅からも
大森町駅からも徒歩11分。

品川方面にも横浜方面にも便利で、
住宅街なのでお買い物も不便なさそう。
ちょっと行けばメガドンキもある。

歩くの好きな人なら
品川水族館も、文学フリマもやっている
東京流通センターも歩ける。
あのあたりにはいい感じの公園もあるから
近隣のまだ風情の残る下町散歩も楽しそう。

それこそ自転車だったらもっとどこまででも!


ああ、夢はえんえん広がりすぎてしまうので
今日は一旦このへんで。
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO