Close

京都のお寺の参道に建つ、木に包まれたリノベ物件|京都市東山区 売買 51㎡

お寺へ続く参道に佇む一軒家、 という珍しいロケーションに 胸が高鳴ります。

「小さくても居心地の良い家」を コンセプトに全面リノベされたそう。
築42年の建物が、 リモートワークもしやすい コンパクトな一軒家として 生まれ変わっています。
1階は大きな窓から陽が差し込む 抜け感のあるLDK。
2階にはリモートワークにもぴったりの ワークスペース付きの部屋があり、 窓からはお寺の境内や木々が見えます。
京都の中心地にいながら 自然を感じられる眺望。
一見シンプルなお部屋の中に わざとらしさのない数々の配慮がある 物件なんですよ。

では1階から順に見てみましょう。

1階のLDKは、 備え付けの造作棚までがキッチン、 それより奥がリビング、と ゆるやかにゾーニングされています。
キッチンも棚も 腰ほどの高さになっているので、 空間全体に抜け感が。
キッチン収納もたっぷり。 冷蔵庫置き場も きちんと確保されています。
IHコンロなのでお手入れが楽なのも嬉しい。
リノベ前は、写真左手に浴室があったそう。 浴室を移動し大きな窓を設けたことで 伸びやかなリビングになりました。

お隣さんのお庭に面しているので、 特段、外の視線が気になると いうこともなさそうです。

お気づきでしょうか、 リビングだけ天井が 木板になっていることに!

ラワンが貼られていて 木に包まれるような 感覚になる空間です。

さらにあえて淡い乳白の 浸透性塗料を塗布しているそう。 これによって木材の自然な深み、 あたたかい風合いを醸し出すように 意図しているとのことです。

壁は光を拡散しつつも 落ち着いてくつろげるように 淡い乳白でまとめられています。
そして床は 肌馴染みが良いナラ材を使用。

ナラ材は木目が主張しないそうで、 なるほどだから木材が多用されていても シンプルで落ち着く空間に なっているのですね。

しかも床暖房つき。 備え付けのベンチに座って 窓からの陽を感じながら読書。 足は床暖でぽかぽか。
窓際のオープン棚には 季節の花を飾って。

これはもう、一日中ここで 心穏やかにのんびり過ごせる自信がある。

さてお次は玄関へ。
LDKからも伺えたように、 このおうち、備え付けの 造作家具と収納が多いのです。

建築と呼応したデザインに なっているのもまた見どころ。

玄関には上段にコートハンガー、 下段には靴を収納できる可動棚が 設置されています。

帰宅時にバサッと適当に 置いてしまいがちなアウターも ここにさっと収納できる。

脇にはオープン棚も。

鍵などの小物を置いたり、 靴のコレクションを置くのにも便利そう。 アートや写真、お花を飾るのにもうってつけ。

洗面脱衣所も小回りの効く センスのいいデザイン。

鏡の上に高窓があることで 外部の視線は遮りつつ、 光と風を取り込めるようになっています。

洗濯機置き場は階段下にあり 生活感がリビングから見えづらい配慮が。
お風呂で洗濯物を 乾燥できるようになっています。
トイレにも備え付け棚が たっぷりあって、 つくづく便利。
2階へ続く階段は手すりも木製で 触り心地が良さそうです。
2階は2室あります。
こちらは冒頭に載せた ワークスペース付きのお部屋。

備え付けのデスクとオープン棚、 電源もちょうどいい位置にあって リモートワークにぴったり。

ちなみに建物全体の コンセントやスイッチプレートは グレーで統一されています。
こんなところにも細やかなこだわりがあり、 それが洗練された雰囲気に繋がっているのですね。
ふと窓の外を見るとお寺と木々が。 仕事の合間にのんびり外を眺めたくなる。
収納もあり、お仕事関係の書類など 散らかしやすいものも整理しやすそう。
隣室に繋がる扉は、壁に引き込める 木製建具になっています。
このように開け広げ、 隣室とあわせてワンルームとして 使うことも可能。

オンライン会議の時のみ建具で仕切る、 または閉め切って独立した2室として扱うかなど、 使い方は住まい手次第。

ライフスタイルに合わせて 過ごしやすいようにと、 扉ひとつとっても工夫が 凝らされていています。
さて隣室はというと、 リノベ前にあった障子を 補修して再利用した、 和室の名残を感じるお部屋。
お隣さんのお庭に面しているので、 高い建物がなく ほっと空を眺めたくなる眺望です。

懐かしい窓手すりのデザインも素敵。

間取り的にこのお部屋は 寝室として使うことになりそう。

床には節が少ない 良質な杉フローリングが使われています。

ベッドを置くのもいいけど 敷き布団にして手を伸ばせば杉の手触り、 というのも心惹かれるかもしれない。
あっ素敵、便利そう、が いくつもあるリノベ物件。

こうした気配りが、 居心地の良さに 紐づいているのでしょう。

広大な敷地ではなくとも ゆったりとした空間が生まれている。

立地も便利で、 京都の地下鉄東山駅までは徒歩7分。

京都市内の各方面や 大阪など他府県へのアクセスもしやすいです。

周辺には名所と繁華街があり 京都ライフを楽しみやすいロケーション。

京都の中心地・三条通から 沸光寺本廟へと続く参道が帰り道。
大通りからふと曲がり、 ひと息気持ちを静められるような道。
そうして見える我が家。 ヒバ材で囲まれた玄関が 小ざっぱりとした空気を纏っています。 はあ、うっとり。

京都のお寺の参道という立地にぴったりの 端然たるリノベ物件でございました。

文・戸田江美

1991年生まれ。デザイナー。おばあちゃんの仕事を継いで荒川区のマンションの大家をしている。落語が好き。@530e

トダビューハイツ ロジハイツ

  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO