Close

4階と5階、二つのワンルームを縦に繋げるレトロビルリノベーション|京都市上京区 賃貸 34㎡

言ってる意味が分かりにくいかもですが、
マンション内の上下の部屋をぶち抜いて、
一つの物件にしてるわけです…

…えーと…分かります…よね?

4階と5階にそれぞれあった
ワンルーム同士が
この室内ハシゴでも繋がれている、という。


マンションのリノベーションでも
隣り合う二つの物件の
仕切りになっている壁の一部を抜いて
一つの物件にするニコイチ物件は
たまーに見かけますが…
この物件はそれを縦でやったって事です。
それも、ワンルーム同士で。


なので玄関を開けると広がる内観はこう。

知らずに玄関扉を開けてしまった人は一瞬、
「あのハシゴはどこに行くの?」
ってなりますよね、きっと。

玄関扉は4階と5階にそれぞれ残っていて

でもお風呂は5階に。

トイレは4階で

このおしゃれなキッチンも4階

お、4階の玄関扉は
どうもガラス張りのようですね。
(改装時の写真なので今はどうか不明)

お風呂も5階にありますし、
洗濯機置き場も

洗面台も5階に。

なるほど、
プライベート性の高いもの、
つまり寝室的なものは5階にして、
4階は来客を迎える場所にすると
ちょうど良いのでは?

と思っていたら
(事務所・教室・店舗使用相談可)
と書かれていたので、やはり!と。

職住近接でもあり、
一体でもあるわけですね。

電気の契約も
4階5階それぞれ別々に行う事になっていて
経費按分にしないでも明確にできて便利。

最初はちょっと
この作りは突飛かな?と思う人も
ひょっとしているかもですが、
色々みていくと
リノベのコンセプトが見えてくるこの感じ、
とてもいい。


物件はちょうどいい感じの
愛嬌のあるファサード。

一階には、おうちぱんさんという
美味しそうなパン屋さんが入っています。

【おうちぱん さん Instagram】
<https://www.instagram.com/ouchipankyoto/?hl=ja>

9:00-19:00の営業時間だそうで、
きっととても助かる存在!

で、ビルの横にあるこの格子扉を開けて
上階へアクセスするスタイル。

中に入ってすぐ階段なのですが、

2階にポストと自転車置き場があって

制限はいくつかあるようですが
自転車も置ける。

ほら、京都ってば自転車あると
とても便利なのでこれは嬉しい。


あと屋上に上がれるのもいいですよね。

外が気持ちの良い季節に
あれこれ積極的に利用したい。

なんてったって立地が堀川通沿いで

目の前の通りの道幅も広い上に、
堀川のおかげでさらに開けて感じますし。


そしてそう、
堀川通沿いのこの画像を見て
ピンと来た方もおられると思いますが、
徒歩1分の所に
堀川新文化ビルヂングさんがあります。


【堀川新文化ビルヂングさん Instagram】
<https://www.instagram.com/horikawasinbunkabldg/?hl=ja>


堀川新文化ビルヂングさんは
京都でも有名な
大垣書店さんが運営されている
書店、カフェ、ギャラリーなどが入る
今注目されている複合施設です。

それ以外でも、
堀川通り沿いは色々と面白いお店や
施設なんかがあるので、
興味がある方は散歩と内見と
一緒になされることをお勧めします!


ああ、久しぶりに散歩しに
京都へ行きたくなってきた。

  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO