Close

温泉とサンビーチを独り占め!熱海の懐かしいリゾートマンション |静岡県熱海市 賃貸

1970年代に建てられた 熱海のリゾートマンション。

この感じ、お好きな方、いるでしょう。
なんと言っても惹かれるのが、 共用の温泉大浴場がついている点!
熱海の温泉に入り放題というのが よい、よすぎる…!
お部屋にもお風呂はあるけれど。 やっぱり温泉つきなら そりゃもう1日何回だって 大浴場に行きますとも。

お湯は毎日入れ替えているみたい。

泉質は自律神経が整う効用に加え、 冷え性の改善によいとされる カルシウム-塩化物泉だそう。 疲れた身体に染み渡ることでしょう。

 温泉だけじゃなくて、 部屋から見える風景も最高!
どーんと広がる熱海サンビーチ!
熱海名物・海上花火の日は、 自宅から花火鑑賞が叶っちゃう!
海沿いの部屋は白と水色の ちょっと変わった畳。
友だちを呼んで、ふかふか敷布団で ゴロゴロしながら花火見て。
白い壁にプロジェクター投影して 夜通しで懐かしのアニメ鑑賞。
駅前の仲見世通りで買い揃えた 新鮮なお刺身や干物をつまみに、 ビールだなんだでダラダラと。

そんな大人になってからの 修学旅行が目に浮かぶ。

ダイニングキッチンはこれまた個性的な ブルーの市松模様。

この柄を活かして昭和レトロな家具を 揃えるのも良いし。

はたまた敷くタイプの クッションフロアなどで模様替えすると ガラッと雰囲気が変わりそう。
リモートワークの合間には 屋上で潮風を吸い込み、ひと息。
朝焼けの海を眺めたり 夜の波音に耳を澄ませたり。 降り注ぐような星空も独り占め。
息抜きに、サクッとサンセットビーチに 散歩にも行ける。
ちょっとしたお散歩で 海と山と空をいっぱいに感じられる っていうのがとても贅沢。
ちょっと嫌なことがあったって、 「家には温泉と海があるし」 と思えば胸も軽くなる。
熱海駅から東京駅までは約45分。 たまの出社や打ち合わせで 都心に行くには便利な距離感。

毎日温泉入って、 海辺を散歩して、 おいしい魚食べて。

こういう暮らしをする 世界線の自分もありえたのかなあ、 と想像に耽ってしまいます。

文・戸田江美

1991年生まれ。デザイナー。おばあちゃんの仕事を継いで荒川区のマンションの大家をしている。落語が好き。@530e

トダビューハイツ ロジハイツ

  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO