Close

24帖リビングに猫足バスタブ。団地といい関係をつくるアートなリノベ

団地リノベ、なんですよ! スタイリッシュなコンクリートに くすみがかった木の床。 絶妙なバランスで仕上げられた アートな空間が 団地リノベだなんて、驚きです!

緑の中に立つ ほっこりかわいらしい白い団地。
思わず深呼吸をしたくなる 青々とした緑の景色。 すこんと抜ける空も気持ちがいい。
入り口を見ると、おぉ、団地らしい。 このレトロな階段なんだか好きなんです。
3階までエレベーターがないので 引っ越しの時は少し大変かもしれません。
約50平米の空間を 大きなLDKをメインに リノベーションした間取りです。 リビングとキッチン横に バルコニーがあるのもうれしいポイント。
玄関は直線的なデザインが クールな印象ですね。
シューズボックスはないので ステンレスのシェルフを 置くのはいかがでしょう。
コンクリートと木の組み合わせに うっとりしてしまう24帖のLDK。 どこか柔らかい雰囲気が漂うのは 淡い灰色をしたコンクリートの おかげかもしれません。
ぽわんと浮かんでいるような シャンデリアの光が ゆらゆら、踊るように広がって。
家具選びに気合いが入りそうです。 どっしりとした茶色い革のソファに アンティーク加工をした鉄製のチェスト。 大きな観葉植物も忘れずに。
真ん中にはテレビ台… いや、プロジェクターを掛けるのもいいな。 サイドには大きなアートを立て掛けて。
造作ベンチの下には収納も。 ブランケットを入れておけば ちょっと一休み、に便利です。
キッチンとの間は 壁一面のシェルフで仕切っています。
スポットライトを設置して シェルフをアートのように照らしてみては。 お気に入りのレコードに写真集が照らされて 感性が研ぎ澄まされるような空間に。
窓辺のキッチン。 団地の懐かしさが残されていて なんだか穏やかな雰囲気が漂います。
3くちガスコンロに魚焼きグリル。 剥き出しの管がいい感じ。
向かいには木のカウンターがありました。 コーヒーメーカーを置いて ゆったりとコーヒーを淹れるんだ。
そしてコーヒーを片手にバルコニーへ。
コンパクトではありますが 日当たり良好。
コーヒーを飲みながら 外を眺めるのが日課になりそうです。 ほのぼのとした景色に心が整って エネルギーが湧いてくる感じ。
キッチンの奥には和室があります。
二面採光で風がすーっと通るお部屋。 手触りのよい畳に身を委ね 風を感じながらお昼寝をしたら きっと気持ちいいのでしょう。
ふと目覚めたらこの景色。 青々とした緑が揺れてうっとり。
団地のシンボルツリーでしょうか。 移り変わる色で季節を感じ 住む人に癒しを与えてくれる。

お次はサニタリースペースへ。

クールなデザインの洗面台! すらりと細長い鏡に 三角の洗面ボウルが面白い。
まるでオブジェのような 秀逸なデザインです。
お隣のトイレはミニマルなデザイン。
バスルームは思い切ったスケルトン! それに、シルバーの猫脚バスタブときました。
バスキャンドルを焚いて ホッとリラックス。 優雅な時間を楽しんで。

ほっこりとする自然や レトロな外観はそのままに 大人のアートな空間を実現した団地リノベ。

大胆な素材使いや 個性的なデザインの設備

そして細やかなデティールに至るまで どこを見ても美しい。

こちらの物件 住まいとしてはもちろんのこと 事務所やアトリエとして利用も可とのこと。

アートな空間に身を置き 感性が研ぎ澄まされるような感覚を 味わってはみませんか?

文・よしだゆき 街散策とタイルをこよなく愛するフリーライター。元住宅情報誌編集者。築35年の中古マンションをフルリノベして暮らす2児の母。

  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO