Close

素敵な建具に囲まれて、小さな町家で小さく暮らす。

窓辺っていうのは饒舌なもので
街の中を歩いてて、
むむ?!とつい反応してしまう家って
窓辺が特徴的だったり
素敵なことが多いんです。

このお家もそうでした。
コンパクトながらも品の溢れる佇まい。
うん、素敵。
で、その窓ですよ!
ガン見…いや、うっとり見ちゃいます。
木枠に磨りガラス、角に細工がされてますね。
そういう丁寧な仕事っぷりに、惚れ惚れ。

玄関も趣がありますね。
正面の扉は収納になっています。
外掃き用の竹箒なんか仕舞っておきたい。

カラカラと玄関を開けると
土間があって、小さな和室。
いわゆるミセノマかしら。

間取りを見ますと
なるほど、奥に細長い、
伝統的な町家のつくりです。
二人暮らし、家族三人暮らしくらいに
ちょうど良さそうなサイズ感。

それで、外からうっとりした窓辺は
ああ、やっぱり素敵!
内側からこれを眺められる幸せ…。

いやいや、建具がどれも素晴らしくて!
こんなにも綺麗な状態で残っていることに
感動と感謝の念が絶えませんです、はい。

あの磨りガラスの戸の向こうは台所、
左の木戸は階段へと続きます。

台所は使いやすいように
今時仕様に変えられたのですね、
横の小窓もかわいいです。

磨りガラスは
優しく光を通してくれるから好き。
ここにダイニングテーブルを置いてもいいし

朝の光が差し込む時間は
こっちでちゃぶ台で朝食…
なんてのも憧れます。

台所の奥にはいわゆる「オクノマ」の
和室もあります。

冬はここにコタツなんか置いたら
最高なのでは…!
廊下を挟んで
小さな庭に面しています。

そして庭を囲むように

洗面所、トイレ、お風呂、があります。

水回りは全て新しくなっていて
トイレは温水洗浄便座だし

清潔感あるお風呂は
窓もあって明るい。

洗濯してすぐ庭に出られるというメリット。
ぎゅっとコンパクトに集まっていて
生活動線的にも非常に使いやすそうだなと思いました。

掲載元の八清さんのサイトでは
バーチャルで内部を楽しめるので、
ぜひ見てみてくださいね。
内見好きにはたまらないですよ。
さてさて、戻りまして

品良く艶の出た階段を上って二階へ。

洋室になった四畳半は
窓が大きい!

子ども部屋にするもよし、
ベッドルームにするもよし。

襖を開けると

そこはガラリ趣の違う和室が。
違い棚や床の間があり格式高い雰囲気。

そして大きくて美しい、この窓です!
東向きで日当たりも良好。

窓からの景色もこの通り、
抜けていて良い風が入ってきそう。
ここにひょいと腰掛けて
欄干に肘掛けて、黄昏たい…。

こちらに布団を敷いて
朝を迎えるのも気持ちよさそうだなぁ。

毎日が旅館風情。

所々、暮らしやすいようリフォームされつつ
匠の技とも言える素晴らしい建具達は
きちんと残されていて。
目に入るだけで、ちょっと幸せ。
毎日過ごす家だからこそ、
そういうのってすごく大事ですよね。

長く大切にされてきたものを引き継ぎ
大事にしながら、日々愛でる。

京都の中で一番長い
「新大宮商店街」もすぐそば。
買い物ついでに遠回りして散歩したり
賀茂川までのサイクリングがてら、
点在するカフェに立ち寄ったり…
京都に憧れる身としては、
最高のロケーションに思えます!
このサイズ感の、しかも町家で
小さな幸せに囲まれて暮らす…
良いなぁ良いなぁ。
ちょっと良い自転車買っちゃおう、
ってとこからどんどん妄想が広がるな。
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
初心者でもできるペイントDIY
  • UNKNOWN KYOTO