Close

銀座のポツンと古民家

東京の一等地・銀座〜新橋エリア。 この高層ビル群の中に ポツンと現れる異空間。

えっ私だけに見えてる…⁈と 一瞬疑いたくなるほど ここだけ時代が昭和で止まってる。

和の趣たっっっぷりな 木造二階建てで、

どうやら両脇は駐車場の 出入り口となっているよう。 それが余計に 「ポツンと異空間」を 醸し出してる。
東京に危機が迫った時、 巨大ロボに変形しそう。 木造部分が頭部で、 駐車場ゲートが腕で。 江戸の街を守るため ここで静かに時を待ってるんだ…

なんて、ここを通るたびに ひっそり妄想してました。

最近まで鰻屋さんが営業されていたので 中には厨房機器などがあり それを残したままの引き渡しを 予定しているそうです。
この物件、元を辿れば 明治元年創業の 老舗の米穀店でした。

空襲を逃れ、 戦前の風情を残し続けた 貴重な家屋なんです。 なんて尊い…

三角屋根の瓦に 二階の木の引き戸と手すり、 黒の外壁もすごく粋。

店舗としての募集なので、 飲食店、ギャラリー、 はたまたブライダルや 家具のショールームなども似合いそう。

今の風情を活かしたまま 引き継がれると良いですねえ。

文・戸田江美

1991年生まれ。デザイナー。おばあちゃんの仕事を継いで荒川区のマンションの大家をしている。落語が好き。@530e

トダビューハイツ ロジハイツ

  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
初心者でもできるペイントDIY
  • UNKNOWN KYOTO