Close

飯田橋のマチナカで絵本の中みたいな部屋に暮らす。

ドアを開けたらこの世界観。
ワクワクしています、この
こみ上げてくるようなかわいさに…。

サーモンベージュの
立体的なブリックタイルに
マホガニー色の建具の組み合わせ。
まるで絵本の中の世界みたい。

天井にちょっとだけ
ザラッとした部分があり
手作りっぽいラフさも残している。
なんだかオシャレ上級者の
コーディネートを見ている気分。

床は無垢フローリングですって。
あら、部屋が奥へ行くにかけて
すぼまっていますね。

ちょっと変わったカタチって
家具の配置を考えるのも
楽しかったりするんですよね。
書いてあるように、
斜めの壁にベッドを添わせて

だって毎朝パチリと目が覚めたら
この眺めがある我が家って
うれしいじゃないですか。

キッチンのそばに
小さめの食卓テーブルを置くなら
やっぱりマホガニー色で
統一するのがよさそうですね。

木製のオープンクローゼットが
玄関のすぐとなりっていうのも
よく考えられています。
帰ってきてすぐ上着をかけられる。

靴を収納できる稼働棚も玄関の目の前。
ワンルームで上手に快適に暮らす
工夫が、かわいいだけじゃないな、
と思わせてくれます。

それはサニタリーにも通じていて
トイレの頭上に大きめの稼働棚。
衣類洗剤やトイレットペーパーの
ストックを置いておくのに
十分なキャパがあり、

ミニマルなシャワールームというのも
このお部屋にお似合いです。

物件があるのは飯田橋・神楽坂エリア。
古民家カフェや和カフェなど、
古き良き街並みが今も残っているそうです。
都会の真ん中で、一人暮らしを
こういうかわいい世界観から
始めるって、夢があるな。
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO