Close

東京側の事務所兼自宅な拠点をこちらにして

この物件の軸足を見た時に、
私だったらここは事務所兼用住宅にお勧めするな、と。

なぜそう思ったのか?
ご説明が必要だろうと思いますので、
ひとまず間取り図を見ていただくことから始めましょう。

間取りから特徴的と言えるのは
「玄関横からのWIC」「大きな廊下収納」「小上り」の
3つかと思います。

そしてめざとい方は気になっていますよね?
間取り図上、LDKに走る斜線。

そう、実はこの物件、
大胆にも土間がLDKまで伸びているのです。

キッチンの床も土間なので清掃も楽そう。

玄関周りはもちろんこの大きなWICも土間ですし、

収納力大爆発の廊下も他の土間と同じ素材みたい。

あ、玄関から廊下に進む所に段差があって、
ここを区切りにもできるとは思います。
ここで区切ると、普通の家としても使えるでしょうね。

でもね、せっかくのこの間取りを活かすなら、
やっぱ事務所兼用住宅がお勧めなわけです。


玄関横の土間とWICはワークスペースとして活用。
廊下収納はプライベートなあれこれはもちろん
掲載誌や過去の実績物の収納として。

LDKはミーティングルーム的な扱いで、

そして大きな扉で隠された小上りを寝室にして
生活感を見せない。

そう、この生活感を隠せるのもこの物件の特徴の一つ。

廊下の収納も小上りも
見事に視線をシャットアウトしていて、
その上、気軽に開けることがはばかられるようなデザインですし。

来客を迎えやすい。

ほら、これを見て寝室が隠れてるって思わないでしょう?


特に美意識高くブランディングをする必要があるだろう
デザイナーさんやアーティストさんやイラストレーターさんとかの
お眼鏡にもかなうと思うのですが、どうでしょう?

梁は剥き出しだけれども、天井は綺麗に仕上げられたりと、
さまざまな素材、色味のパッチワーク感も良いバランス。


当然機能面も十二分で、
それはこのキッチンを見てもらうだけでも伝わるんじゃないかと。

これにパントリーも付いてる。
ねっ?料理教室も開けそうでしょう?

おトイレはデザインも機能も広さもとても良い。

手洗いもついたこの広いカウンターがあるなんて、
一般的な1LDKではなかなかあり得ない。
個人的には梁がかわいくて好き。

収納力で言うと、脱衣室も相当なもの。

脱衣室に洗面台が無いのは気になる人いるかもですね。
お化粧はトイレのカウンターを使うイメージかなぁ。
まぁ事務所兼の自宅ならそこは譲っていいかも。

お風呂は浴室乾燥機がついて大きめ浴槽。

浴室乾燥機は生活感を外に出さない上でも
相当に嬉しい機能。

ね、なんやかや見てくると、
やっぱり事務所兼自宅が最適な気がするでしょう?!

という物件が品川駅徒歩圏で、
京急本線北品川駅から徒歩6分。

11階建の大型マンションの最上階!

当然、見晴らし、通気、採光も期待できる。


玄関側も窓があって室外廊下なので、
通気、採光に関しては尚のこと。



良いですね!


なんてったって品川と言えば、
新幹線へも羽田へのアクセスも至便。

二拠点居住の東京側拠点としても最高だと思いませんか?
いや、最高が過ぎると思いませんか?
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
初心者でもできるペイントDIY
  • UNKNOWN KYOTO