Close

クラシカルに枯れた色気にさす光

どうしよう、惚れる。
この壁、この床、この光。

古めかしく上品な事務所物件を
住居用にカスタムしたようなデザイン。

ここに住みたい。

ラワン材で作られた
腰壁のシンプルさと素朴さ。

高い天井に剥き出しのダクト、
鎧戸に、姿見の設えられた扉、
それに吊り棚とオープンクローゼット。

まさにこれこそ枯れた色気のある内装。

照明のチョイスがまたシブい。

ほんと内装のその色も、質感も、
このお部屋の間取りも
私のドストライクは
ここにもあったか!?と教えてもらえた物件。


とても良い。

横に長い間取りって本当に良いですよね。

空間の使い分けが容易だし、
日当たり風通しが良いのはもちろん、
ベランダがあるとなおのことですが、
実測値よりも広く感じられたり。

そもそも26.91㎡あるので
十分広いのですけどね。

開放感ってやっぱり大事。

お隣さんとの距離もそこそこあって
視線もそこまで気にならなさそう。

洗面脱衣所はなく、
トイレスペース経由で
お風呂に入るのですが、
それでも廊下で脱衣せねばならない
間取りより段違いによい。

これ、便器も少し
アンティーク調なものをセレクトしてる?
棚が二段あるので、
上段にトイレ用品を置いて、
下段に衣類入れの籠とか
置けば良いですよね。

お風呂はシンプルだけど
お湯たっぷり入れられるタイプ。

ひとり暮らしには十二分。

そしてそう、こういう1Kタイプの場合、
お風呂トイレの扉が
二つも廊下に面してると、
どうしても
ガチャガチャし過ぎるんですよね。

でも、この物件はスッキリ使える

下駄箱も一人向けになら
十分過ぎるくらい。

キッチンもキッチン収納も
広くって使いやすそうで
お気に入りです。

引き出しがあるの地味に助かる!

そして
必要最低限を作って
その上で住む人が
収納をカスタマイズできる作り。
うまい構成ですよね。

ちなみに洗濯機は
居室にある鎧戸の奥。

横には掃除道具やらを
収納すると良いかも。

あ、湿度のこと、換気のことを考えても、
そこが鎧戸なのは正解なのですね。
デザインだけでなかった。

うまいなー。いいなー。
大好きです。

ああ、
観葉植物と金魚の泳ぐ水槽とか
置いて暮らしたい。
しかも場所が蒲田!シブい!とても良い。

一人暮らしには
ちょっとだけ高いかな?という
お家賃かもですが、
パートナーと半同棲するとか、
二人で二拠点暮らしする
東京側拠点にするとかも良さそう。
蒲田ですしね。

いいな、私もここに住みたい!
  • 物件ファンファンの会
  • 募集中の物件
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
引越しお祝い
  • UNKNOWN KYOTO