Close

ひとめ見たらもうとりこ…ランタンタイルと木のモザイクのはいからリノベ

なんと築年数不明のお部屋なんですが、 こだわりのリノベーションで 見事に生まれ変わった、はいからさんは ステキすぎて、もうメロメロです!

元は店舗だったというこちら。
表構えは長屋らしい姿ですが、
中はごらんのとおり。 あ、店舗利用も相談可能です。
無垢の床と
木目を活かして仕上げられた、 こっくり深みのある色の壁は 暖かみがありおしゃれです。 天井の古い梁とあいまって、 懐かしさを保ちながらも、 新しく美しい空間を作り出しています。
シャンデリアかと思いきや 裸電球の、ユニークでしゃれた照明も よくお似合い。
テレビボードに良さそうな 造作棚もいじらしく。
こちらの壁は LIXILのエコカラット。 調湿と防汚にすぐれた壁材だそうです。
つきあたりはサニタリースペース。 ここに、くすみカラーのランタンタイルを 貼ろうと提案された方は 天才じゃないかしらん。 たいへんたいへん、かわいらしいっ…!
洗面台も白のボウルに アンティークゴールドで 見るものの、こころをとらえるしつらえ。
トイレにも寄せ木の壁が
こだわりある落ち着いた 空間を演出していて きまっています。
やったー、 ステンレスのお風呂だ! 唯一手付かずの場所ですが、 きれいに磨き上げられたピカピカの浴槽と お花模様の水色タイルは、 さわやかで愛着が湧く可憐さ。 追い焚き機能もついていて ありがたいことこの上ない。
サニタリースペースを 出たところのすみっこには 愛おしいサイズの 収納スペースが隠れていました。
フローリングワイパーや お掃除道具を仕舞うのに、 丁度よさそうかな。
ここの木材のモザイクと 建具の組み合わせも 素晴らしく愛くるしいと思いませんか?
実はここ、洗濯パンが 潜んでいるんです。 びっくり!
2色の素朴で品の良い のれんをくぐると
木材をふんだんに使った オリジナルのキッチン。
IHの安心感と 使うものに寄り添った作り。 これはお料理するのが 楽しいキッチンに違いないぞ。
ふわああ、トイレにもあった 木の窓枠がここにも…。 これは、とてもいいですよ。 とてもとても好きですよ。
1階だけでも見どころ満載でしたが まだ2階もありまして。
まずは、上がったところに アジアンな情緒漂う額縁が。 このお部屋のシンボル的存在です。
広い方の洋室は、 ダブルベッドも置けそうな広さ。
窓の下になにかある、 飾り台かな。
なるほど、バルコニーへの 踏み台にもなってるんですね。 気が利いてる。
バルコニーは屋根付きのスタイル。 こちらも、しっかり手直しされて
深い色合いの木材で使いやすく しつらえてあります。
この眺め、昭和感多めで 私はかなり好きなんですが、 みなさんは、いかがですか?
ステキなご近所さんもいるみたい。 お散歩ですか? それともパトロール? おつとめご苦労様です。
もう一つの洋室はコンパクトで ワークスペースにふさわしい。 なにより窓の外が…
山下達郎の歌が聞こえてきそうな 爽快な景色。 お仕事で行き詰まったときの リフレッシュに最適かも。
このお部屋にも、寄木の壁が。 お仕事机もこの壁に負けないくらいの ハイセンスなものを置くと どこよりもかっこいい プライベート "長屋"オフィスになりそうです。
最後に玄関をご紹介。 元店舗の名残で 白いのは全部靴箱なんです。
驚きの多さですが、 靴持ちさんには嬉しいですよね。
玄関周りも、飽きないデザインで 優しいたたずまい。
この鉢植えスペース、いいなあ。 味のある道路のでこぼこに合うような 多肉植物と小花の 寄せ植えなんかどうだろう。
どこをとっても ノスタルジックと愛らしさにあふれている こちらのおうちは、 十三駅から路地を少し歩き 長屋が並ぶ静かな場所にあるとのこと。 便利な立地といい、 内装の良さといい、 その魅力にあてられて、 私のこころはしばらく このおうちのとりこです。

文・葱山紫蘇子 劇団維新派→色々→介護業を経験。漫画と建物と書き出し小説が好きな4人の子を持つ大阪のシングルマザー。 @sisokoex

  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO