Close

絶景と、昭和レトロが出会ったら。

いい眺め、そしていいしつらえ。 この雰囲気、お好きな方は たまらないはず。

私も好きです、日本家屋。 玄関の壁は網代壁なのかな。 手間ひまかけて建てられた ご自慢のお家の気配…!
間取り図だけでも かわいがられていたのが わかるような愛らしいつくり。 高台に建つ、お庭も美しいお家です。 ふむふむ、和室に広縁…さらに納戸まで!
鶯色がとても素敵。 たちまち華やいだ気分になりますし
和室もしとやか。 南向きで広縁があるので 明るく風通しもよさそう。
心が清らかになりそうだ。 掲載元によると 無垢材を使用したリノベーションプランも 用意されているとか。
お庭は純和風です! という 感じでもないですし 無垢床のリビングにリノベするのも たしかに魅力的です。 広縁をテラスみたいにしたりね。
1階には和室がもうひとつ、4.5畳。 なるほどー、そうなればますます 6畳のほうをリビングにするの、 ありですね。
さらに廊下を渡った先の 別棟にある納戸…なのですが これがなかなかの広さ。 かつてはピアノ室として 使われていたそう。 そうか…棚を片付けて 楽器を奏でる部屋、それもいい!
右側の壁紙がかわいい。
夜の雰囲気もかなりよし。 照明がすごくいい。
いいレトロ感ですよね。
はー、これこれ、これです。 2階からのこの眺め。 大きく取られた腰窓から 望む街並み!
畳があればゴロンと寝転ぶ、が 至福の過ごし方ですが(私だけ?) ここでゴロンと寝転んだら 空が目の前に広がるに違いない。 そしていつの間にやらうとうと…。
こちらはこじんまりしていて 書斎みたいな雰囲気。 モルタルっぽい天井も萌えますね。
木枠の窓を残して 好みのレトロ空間をつくるのだ。
わ、シンク部分が広いな。 ふたり並んで使えるかな。
床の丸タイルに より懐かしさを噛み締めています。 カランコロンと鳴る かわいい木のサンダル用意しよ…。
という、昭和生まれの私には 切なくなるほど懐かしい風情。
場所は京都、紫野。 近所には船岡温泉があり、 近ごろは古き良き街並みを生かし、 若いクリエイターによる クラフト工房やお店も増えているそう。
私的にはこの界隈だと さらさ西陣という 銭湯をリノベーションした カフェがとても好きです。
戸建てが密集しがちな京都で ポンと抜け出たようにすがすがしい 高台に建つレトロな日本家屋を 自分色に染めるっていいな。

  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO