Close

空と風と一緒に暮らそう。

折戸式の窓を開け放てば、 大きな大きなバルコニー。 目の前には青々とした山に、 空に、雲に、風に。

全身で自然をたっぷりと 感じられそうな場所が、 生活の中にあるなんて。 わ~!と手を広げながら 走り出したくなっちゃうな。

お部屋の中とバルコニー、 どっちが広いの…?と まじまじ見てしまうほど。 リビングダイニングだって 20.1帖もあるのですよ。 それに負けないバルコニーの どどんとした存在感たるや。
窓はパタンパタンと 折りたためる折戸式なので、 すべて開ければ中と外が一体に。 せっかくのルーフバルコニー、 たくさん使ってあげたいですねぇ。
こんなに気持ちのいい景色、 何度見てもきっと飽きない。 風を感じながらただ ぼんやりする時間も贅沢だ。
机と椅子を用意したら、 太陽の下でランチもできる。 おにぎりを大量に握って、 レジャーシートの上で パクパク食べるのも楽しそう!
これを機にアウトドア用品を あれこれと買い揃えて、 おうちキャンプをしてもいいな。 夜になったらランタンの ぽやりとした灯りを見つめて、 揺れる光に癒されたりして。
夢のようなバルコニー、 せっかくなので いろいろな方向からどうぞ。
L時の部分はどんな 使い方をしましょうか。 ちょっとした家庭菜園を 始めるにはいい感じの 広さかなぁと思いましたが、 いかがでしょう。プチ菜園。
くるりとお部屋を見れば すてきなお顔がすぐそこに。 まんまるお目目がかわいいです。
窓を閉めてもいい感じ。 しとしとの雨の日には、 大きな窓をつたう雨粒を うっとり眺めて過ごしたい。
リビングはバルコニーに 負けず劣らずひろ~いです! 視界の先に窓の外が繋がるので、 実際よりもさらに広く感じそう。
明るいカラーの フローリングもいいですね。 お部屋全体をふんわりと やさしい印象にしてくれる。
さらに吹き抜けまであって。 なかなか遠出できない毎日でも、 解放感たっぷりのこのお部屋なら のびのびと過ごせるかなぁ。
キッチンはなかなか 独特な形をしています。 手前にコンロがあって、 奥にはシンクがありますよ。
正方形のキッチンカウンターで 焼いたり煮たり炒めたりして…
洗い物をするときは くるっと後ろを向いて こちらでパシャパシャ。 お料理するうちに くびれができそうな気がする。
キッチンを包み込むのは、 ガラスブロックからの とろんとやわらかな光。 心がゆるむガラスブロック、 何度見てもやっぱりすきです。
洋室にもあるのですよ、 おりこうに並んだガラスブロック。 水を四角に切り取って、 ちゃぷんと浮かべたような美しさ。
ガラスブロックの向こう、 なんだかとっても明るいですね。 それには理由があるのです。 それは、それは…
じゃん!お、おおお~! 空と溶け合ったような 水回りがありました。 正面も窓、天井も窓、 これは明るいはずですねぇ。
カクカクした洗面台も スタイリッシュですてき。 床のタイルと雰囲気が ぴったり合っていますね。
太陽に元気をもらえそうで とっても心強いのですが、 一点ご注意いただきたい点が。 暑さによる機器の故障を防ぐため、 夏場は洗面所のエアコンを24時間 運転させなくてはいけないそうです。

うむむ、電気代はかかりますが…

バスルームまで続く 圧倒的な解放感を考えると、 電気代を払ってでも この魅力を手に入れたい…と つい思ってしまいます。

お風呂で汗を流したら 洗面所でちょっと涼んで、 また浴槽にぽちゃりと。 休日はお風呂三昧になりそうだ。

ちなみに玄関はこんな感じ。 シューズボックスも バッチリありそうですよ。
外の空気を感じたくなったら、 パジャマのまま窓を開けて。 たっぷりの光を感じながら、 ぐーっと思い切り伸びをして。

いいですねぇ、想像するだけで 思わず口角が上がります。 髪がボサボサでも、はだしでも、 なんだっていいですもんね。 自分だけの外の世界、 たっぷり堪能してくださいな。

文・くまのなな 東京都在住のフリーライター。1991年生まれ。漫画と水遊びとおもちが好きです。主にツイッターにいます。 @kmn_nana

引越しお祝い
  • UNKNOWN KYOTO