Close

陽だまりに、アールの優しさを散りばめて。

柔らかい雰囲気に 個性が散りばめられた空間。 ごろんと横になって ずっと見ているだけ。 そんな時間が たまらなく愛おしくなる そんなお部屋。

中庭を囲むように建てられた、 コーポラティブハウス。 センスの良いかわいらしい植栽は、 なんとSOLSOによる 監修だというから、ワクワクしちゃう。
もしゃもしゃっとした緑を抜けて 階段を上ったら そのお部屋はあります。
そう、こちらの物件は 2階と3階のメゾネットタイプ。 寝室とリビングがそれぞれ ワンフロアずつ、 贅沢に使っています。
玄関は土間仕上げでクール。 ざっくりとしたコンクリート素材に 窓から入る光が やわらかい雰囲気にしてくれます。
2階はまるごとベッドルーム。 無垢の床と コンクリート打ちっぱなしの壁 それにダークグレーに塗装された建具。 異素材の交わりが 楽しくて、心地いい。
アールの梁のおかげで クールななかにも 親しみやすさがある感じ。 ベッドはどんな素材にしよう。 アイアンで男前な雰囲気にするか 木材で温かいムードに統一するか…
大きなウォークイン クローゼットもありました。 夫婦の洋服もまるごと入りそう。 お次は3階も見てみましょう。
目の前に広がるのは まぁるい梁と 窓から抜けるこの景色! お天気の日には 富士山も眺められるそうですよ。
窓枠は珍しいウッドフレーム。 ちょっとしたことだけれど こういうこだわりが、好きです。 質感や色合いが やっぱり木は格別ですから。
大きな窓をズバッと開けて 畳でゴロンと横になろう。

ぽかぽかの陽だまりに包まれて 背中から感じる畳の感触 手のひらから伝わる無垢材の質感 ふわっと入る優しい風… 目を閉じて全身で 素材の心地よさを感じたい。

こっちに寝返りをしてみたら 味わい深い小豆色の壁。 あぁ、この色好きだなぁ なんて何度も何度も見つめたい。

端に見えるのはペレットストーブ。 薪ストーブのように ボワッとお部屋全体を温めてくれるから 冬も素足で過ごせそう。

優しい丸みがある梁は 大空間のリビングを ゆるく仕切ってくれる。

憧れのアイランドキッチン! 後ろには北側のバルコニー 横には小窓もあって 自然光のなかで料理ができそう。
ここからのアングルも素敵です。 大きな窓にもアールの梁がかかっていて リゾートのような 美術館のような。

「まぁるい窓」 ってグッとくる。

バスルームは全面スケスケ、ガラス張り! エレガントなタイルのバスタブだから 隠しちゃうなんてもったいないものね。 洗面台とおそろいの クリスタルのような照明が 華やかなサニタリースペースを演出します。

ベッドルームとリビングダイニング 潔く絞ったメゾネットのお部屋。 大空間を アールの梁がゆるりと仕切って メリハリと遊び心を、ちょっぴりと。

こんなに愛おしいお部屋だったら 外に出るのがもったいなくなるかもしれませんよ。

文・よしだゆき 街散策とタイルをこよなく愛するフリーライター。元住宅情報誌編集者。築35年の中古マンションをフルリノベして暮らす2児の母。

引越しお祝い
  • UNKNOWN KYOTO