Close

くるくる回って「ただいま」を。

くるくるの階段、 見るたびにおっ!と 反応してしまいます。 どこにでもあるものではない、 ちょっぴり特別感のあるらせん。 支柱をしっかり握って、 ぐるんと遠心力で 踊るようにあがりたい。

帰宅したら正面に 見えてくるくるくる。 住民の帰りをじっと 待ってくれているみたい。 帰りが遅い日には、 「ちょっと遅いんじゃない?」と じっとりとがめられている 気分になったりしてさ。
らせん階段を守るように 左右に植えられた木も、 ちいさなナイトみたいで なんだかかわいいです。 お部屋はこのくるくるを あがった先にありますよ。
わぁ、間取り図の時点で こんなにきゅんです…! まぁるいらせん階段に、 テンションがつい高まる 「ロフト」と「吹抜」の文字。 この間取りだったら、 やっぱりロフトにベッドかな。
外観は洋の雰囲気が たっぷり詰め込まれていたのに、 玄関まわりには和の障子! おぉ、和と洋どちらも。 お得なセットみたいです。

光を通してくれる ガラスの玄関、 お部屋の明るさが増して ありがたいと思いつつ、 たまに目隠ししたいなぁと 思うこともありました。 いいですねぇ、このお部屋!

障子を閉めれば目隠しに、 開ければパッと空間が明るく。 宅配便の方にお部屋を 見られたくないときも、 サッと閉めれば大丈夫。
はぁ、さすが吹き抜け。 大きく深呼吸したくなる スッとした開放感。 しかも天窓まであります!

これは最高だ~! 頭の上からやわらかく 落ちてくる太陽の光。 お部屋の中にいながら、 外の世界のパワーも ぐんぐん吸収できますね。

ブルーグリーンの さわやかな壁紙のおかげで、 まるで空の下にいるみたい。 ぽつんとぶら下がる電球が、 明るいうちに出ている ぼんやりとした月のようで。

光を浴びたいけど 外に出るのはめんどくさい、 だってパジャマだし。 そんなダラダラの日の 心強い味方になりそうだな。

ロフトへは、 ホワイトのハシゴを トントンとのぼって…

こちらにも窓、 そしてブルーグリーン。 なんてみずみずしいお部屋。 観葉植物のグリーンを足したら、 天気のいい日にピクニックを している気分になりそうです。 あわいトーンに似合う ナチュラルなフローリングも いいですね。ホッとする。
ふかふかのひとり用の マットレスを置いて、 癒しのBGMを聞きながら ここでお昼寝したいなぁ。 外がたとえ真冬でも、 春の木漏れ日の中で ゆったりしている 気持ちになれると思うな。
夜になったら、 ここの窓から外を ぼんやり眺めたりする。 遠くの家のあかり、 うっすら見える星に 満ち欠けが美しい月。 ホットミルクを こくりこくりと飲んで、 眠くなるまで時間を気にせず。
さてさて、お次はキッチン。 コンパクトながらも 2くちのガスコンロで、 おひとり暮らしの自炊なら そこまで困ることはなさそう。
お写真には写っていませんが、 バスルームにも窓があります。 うれしいな、換気も簡単。 明るいうちにお風呂に入る 贅沢感も堪能できる。
シンプルな洗面台は 清潔感のあるホワイト! ちらりと見えているのは、 洗濯機置き場とトイレです。
トイレが個室じゃないと、 こう、掃除のやる気が出ますよね。 お風呂上がりに視界に入る トイレはいつでも ピカピカでいてほしいから、 小まめにお掃除してあげたい。
収納はハシゴの下に。 ハンガーパイプに上の棚あり、 奥行きもカゴをポンポンと 置くくらいはできそうです。

入りきらない荷物は ロフトに置いてもいいけれど、 ここに入る量を大切にする!と 自分ルールを決めてもいいな。 余計な買い物をして 後悔することもきっと減る。

ちなみにクローゼットの 扉には姿見がありますよ。 スペースをかしこく使う ありがたいアイデアです。
靴箱はコンパクト。 高さのあるブーツは、 ひとつふたつなら玄関に 出しておいてもいいかなぁ。

靴箱の上には、 ちょっとした小物を 置けそうでうれしい。 鍵が行方不明になりがちだから、 できれば玄関に定位置を作りたい。

日常の中に「階段を くるくるあがる」があるの、 コミカルで楽しいですね。 陽気な気分のときは、 ルンルンと踊るように ステップをまじえて あがっていきたいなぁ。

悲しい気分のときだって、 映画の主人公のつもりで 切ない表情でくるくるしたら、 いつの間にか気持ちが 復活しているんじゃないかな。 「悲しいくるくるってなによ」って、 ひとりで突っ込んでいるうちにさ。

文・くまのなな 東京都在住のフリーライター。1991年生まれ。漫画と水遊びとおもちが好きです。主にツイッターにいます。 @kmn_nana

Follow Me!

新着物件をお届けします

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
引越しお祝い

Follow Me!

新着物件をお届けします

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • UNKNOWN KYOTO