Close

このクオリティで京都の大学生。

ちょっと二度見してしまうクオリティ。
ああ、こんなお部屋で、
京都の大学生してみたかったな……

あらゆる物件を見てきた物件ファンですが、
学生も入れるような賃貸マンションで
ここまでの完成度は
なかなかお目にかかれない。

キッチンもあの
廊下みたいなのじゃなくてさ……。

美しいなあ。
そこまでしっかり料理はできないかな…?
いやでも、大学時代を思い返すと
学食ばかりで家ではパスタソース
温めるくらいだったなって…。

そしてすぐ横に洗面台の造作が。
えええ、鏡!かわいいです鏡!
デンマークの「HAY」のものなんですが、
個人的にはとてもとても大好きなブランドで
テンションが上がってしまいました。

はあもう、かわいくない場所がないなあ。
何年住んでもきっと、
我が家、最高だなって感動がある。
(本当にこのお家賃でいいのかな)

30cm角の本物のタイルの床。
すべすべなんだろうか。
誰か内覧して、確かめてきてほしい…。

床に置くものを減らしたいって
考えたときに、収納の扉に
姿見がくっついてるの、いいよね。

あら!中にまでヘリンボーンさんがいる。
ふだんは見えないところにまで
きちんと気を使ってるというだけで
なんだか信用できるのです。

そして細かいですが、
壁のいちばん下の巾木(はばぎ)が
あの茶色いやつじゃないっていうのが!
白いのをナチュラルに受け入れてたけど、
これだけでノイズが抑えられますからね…。

調光のできるダウンライトに加えて
あたたかなシーリングライトまで。
居心地の良さって、けっきょく
光の作り方みたいなところあるから。
うーん、ぬかりない…。

もちろんスイッチも気を抜きませんよ。
どこまでもいっても
「私が考えたさいきょうの家」ですこと…。

ふつうのワンルームだったら
浮いてしまいそうな名作チェアも、
このお部屋なら相乗効果。

まあ、なかなか手が出ない価格なのですが…
いい椅子ってのは、これからの人生で
ずーっと使えますから……。
(という言い訳)

トイレにもキッチンと同じタイルがあって、

ちゃんとお風呂とトイレが別々。

マチナカからはちょっと離れますが、
京都産業大学や京都精華大学の学生さんには
この上ない立地だと思います。

駅もそれなりに近いので、
リモートワークが中心になった
大人の方にもおすすめしたい……!

上賀茂神社を散歩したり
御薗橋の商店街に行ったりするのかな…。
大学時代を京都で過ごした自分にとっても
羨ましい限りです……。
  • 募集中の物件
  • 物件ファンファンの会
  • 物件を載せませんか?

Follow Me!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • UNKNOWN KYOTO